永代経法要が勤まりました。

6月2日(土)・3日(日)の2日間で永代経法要が勤まりました。

永代経

2日は住職と若院でお取次ぎをさせていただきました。

3日は愛知県の刈谷布教所光照寺の竹本崇嗣師にお越しいただき、ご法話をいただきました。

永代経

葬儀や法事などの仏事に関する事から仏教や浄土真宗の事まで、わかりやすく丁寧にお話しくださいました。

また、ご休憩中に、ある状況の方に向けた話をお願いしたところ、快くお引き受けくださいました。

お話の中で、「辛く苦しく悲しい世の中だけども、人生だけども、仏に成らせていただくご縁であると180度転換させていただく。宗教は癒しでもなく、慰めでもない。救いだ。」とはっきりお示しくださった事は、モヤモヤしていた私の心に刺さりました。有り難いご縁を頂戴しました。

たくさんの方にお参りいただきました。ようこそお参りくださいました。

お斎(とき)もお手伝いの方々が大変美味しく作ってくださいました。残念なことに写真を撮り忘れてしまいました。来年は忘れないようにしないと。